但馬牛のいる風景
About Deli Tajima

複数の但馬牛
正面の但馬牛

日本のブランドビーフの“お母さん”、但馬牛。

食べる。つながる。応援する。

但馬で生まれた牛たちが、それぞれの土地で黒毛和牛として食されています。

今、そんな但馬牛を愛し育てる農家が、若い力を求めています。 「後を継ぎたい」「繁殖・育牛を始めたい」そんな声が増えるよう、もっと但馬牛のことを知ってほしいとの想いから、このプロジェクトは始まりました。 但馬牛を食べることで生産者とのご縁がつながり、交流を育むことが、生産者、ひいては後継者育成の応援になる仕組みです。

おいしさを楽しむことは、日本の農家を守ること。 季節ごとにお手元に届く、但馬の味がその一端を担えたら、このうえなくしあわせです。

但馬のおいしいものは 美しい空気、清らかな水、豊かな大地でできている

緑が広がる草原で、おだやかに草をはむ牛たち。 途切れることのない山々を目にしながら、車を北へ走らせた先に広がるのは日本海。

兵庫県北部に位置する但馬は、国立公園や県立自然公園も数多い、自然豊かな地域です。 各地で良質な温泉が湧く、国内有数の湯どころでもあります。 また、絶滅したコウノトリの野生復帰活動により、いま再び、但馬の空を舞うコウノトリにも出会えます。

そんな山・川・海に恵まれた環境のもと、多くの生産者が様々な食材を育て、私たちの暮らしを支えています。 中でも、独自の生産システムが「日本農業遺産」に認定され、すぐれた肉質とおいしさを誇る但馬牛。 肉本来のやさしい甘みと口の中に広がる上品な香り、とろけるような食感で、但馬地域の「宝」と呼ばれています。

但馬のまち

FARMERS

生産農家の紹介

  • 長瀬牧場

    代表 長瀬五一さん

    長瀬牧場

    長瀬牧場さんは、「繁殖」と「肥育」の一貫経営を行っている畜産農家です。
    「至宝蔓牛」という言葉を掲げており、但馬牛の礎となった種雄牛の生産者で有名な長瀬さんは、但馬牛の中でも特に血統にこだわっています。
    また、屠畜月齢は牛肉の脂肪の質に大きく影響を及ぼしますが、長瀬牧場さんでは一般の肥育期間よりも1〜2ヶ月ほど長く肥育しているため、口溶けや舌触りの良い上質な脂を提供しております。
    口に入れてお肉を噛むと、ほろっと甘味と香りが広がり、やさしい食感となっています。

    毎年開催される「兵庫県畜産共進会(兵庫県内の和牛コンテスト)」では、種牛の部、肉牛の部、いづれも上位入賞の常連農家さんです。

    日本の有名なブランド牛の原点となる但馬牛のこだわり抜いた美味しさを、ぜひご賞味ください。

    〒667-1351
    兵庫県美方郡香美町村岡区丸味671
    TEL : 0796-95-0556

  • 株式会社上田畜産

    代表取締役社長上田伸也さん

    株式会社上田畜産

    上田畜産さんは、「繁殖」と「肥育」の一貫生産をおこなう畜産農家です。そして、上田畜産さんは食品安全や環境保全などに取組む農場に与えられる「JGAP認証」を取得しています。実際、私どもデリたじまスタッフで見学に行かせてもらった際には、見学者用のキャップ、服、シューズカバーを着用し場内を見学しました。農場内はとてもきれいに掃除され、神経質な但馬牛さんも快適に過ごされている様子がうかがえました。更に驚いたのは餌へのこだわりです。人も添加物を多く含む食べ物を食べ過ぎたり、栄養過多になりすぎると健康状態が悪くなりますよね。牛さんも同じです。上田畜産さんは、コストはかさみますが、牛さんの健康状態を一番に考えて、そば・ごま・あわなど天然素材を中心とした餌「セサミフィールド」を独自で配合し与えているそうです。また、夏には広い牧場で放牧もされているそうです。
    自分たちが惜しみなく愛情を注いだ牛のお肉、おいしく余すところなく食べて欲しい・・・そんな強い想いにとても共感しました。
    また、コロナが落ち着いたら、会員様と一緒に見学に行かせてもらいたい農場さんです。
    上田畜産さんでは、そんなこだわり抜いた究極の但馬牛を独自のブランド牛「但馬玄(たじまぐろ)」と命名し提供されています。
    是非とも一度ご賞味ください。

    〒667-1511
    兵庫県美方郡香美町小代区神水738
    TEL : 0796-97-2929