但馬牛のいる風景
About Deli Tajima

複数の但馬牛
正面の但馬牛

日本のブランドビーフの“お母さん”、但馬牛。

食べる。つながる。応援する。

但馬で生まれた牛たちが、それぞれの土地で黒毛和牛として食されています。

今、そんな但馬牛を愛し育てる農家が、若い力を求めています。 「後を継ぎたい」「繁殖・育牛を始めたい」そんな声が増えるよう、もっと但馬牛のことを知ってほしいとの想いから、このプロジェクトは始まりました。 但馬牛を食べることで生産者とのご縁がつながり、交流を育むことが、生産者、ひいては後継者育成の応援になる仕組みです。

おいしさを楽しむことは、日本の農家を守ること。 季節ごとにお手元に届く、但馬の味がその一端を担えたら、このうえなくしあわせです。

但馬のおいしいものは 美しい空気、清らかな水、豊かな大地でできている

緑が広がる草原で、おだやかに草をはむ牛たち。 途切れることのない山々を目にしながら、車を北へ走らせた先に広がるのは日本海。

兵庫県北部に位置する但馬は、国立公園や県立自然公園も数多い、自然豊かな地域です。 各地で良質な温泉が湧く、国内有数の湯どころでもあります。 また、絶滅したコウノトリの野生復帰活動により、いま再び、但馬の空を舞うコウノトリにも出会えます。

そんな山・川・海に恵まれた環境のもと、多くの生産者が様々な食材を育て、私たちの暮らしを支えています。 中でも、独自の生産システムが「日本農業遺産」に認定され、すぐれた肉質とおいしさを誇る但馬牛。 肉本来のやさしい甘みと口の中に広がる上品な香り、とろけるような食感で、但馬地域の「宝」と呼ばれています。

但馬のまち

FARMERS

生産農家の紹介

  • まだ生産農家は登録されていません。